グランスノー奥伊吹(奥伊吹スキー場)5th日帰り

 今シーズン5回目となる「グランスノー奥伊吹」今回は、なんと家族とではなく、滋賀在住の友人たちと現地集合・現地解散という人生で初めて自分1人で雪道を運転する、という体験をしました。これまで、雪道を運転したこと、ってなかったんですね~思い返せば。ずっと、夫が運転していたし、子ども達が免許を取ってからというもの、子ども達が運転したがるから、私の出番はなかった訳です。しかも、雪道の運転は、スタッドレスタイヤといえども、危険なんですよ。でも、レディースデイで、リフト券・駐車場無料の甘い誘惑に負け、一人で運転して奥伊吹スキー場まで、行ってきました。

それが、この日はしんしんと雪が降り続く1日で、運転中ずっと気が抜けませんでした。いや、普通の運転でも気は抜けないんですが、雪道運転ということで、しかも1人で通常以上に神経を使いました。家から160キロ。高速を利用して、2時間ほど。頑張って一人で運転して辿り着きました。

センターハウスのフードコートで待ち合わせして、無事に合流でき、早速滑ります。レディースデイだけあって、最初のファミリーペアリフトは、まぁまぁの混み具合。上のコースの方は、そんなにリフト待ちもなかったので、しばらく上の方を滑っていました。数年ぶりに会う友人で、しかもゲレンデで会うのは初めてだったので、リフトに乗っている間、積もる話に花が咲きました。それにしても、とにかく話が盛り上がり過ぎて、笑ってばかりいました。ブランクを感じない気の置けない友人は、本当にありがたいです。

途中、センターハウスで昼食をはさみながら、ずっと、楽しい時間を共有できました。

来月の次のレディースデイの話も出たのだけど、娘さんの高校の卒業式らしく、今シーズンは無理、ということになり、来シーズンの再会を約束して北と南に別れ、帰路に着きました。いや、本当にスキーが楽しかっただけでなく、ずっと、笑っていたのが、とても印象残りました。そういう友人のキャラ、というのが偏に大きいです。随分と久しぶりに家族以外とスキーを楽しみましたが、やはり家族とは違う楽しさがありますね。そういう意味でも今回のスキーは、原点回帰だったように思います。

「奥伊吹スキー場」は、なかなか使えるスキー場です。

2021シーズン①  2021シーズン②  2021シーズン③  2021シーズン④ 2021シーズン⑥








Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください